再生治療とは、入れ歯やインプラント治療に代わる新しい治療法です。
これまで、歯周病などで歯肉が浸食されたり、歯槽骨(歯の土台となる組織)が溶かされてしまったときは、抜歯をしたあとに入れ歯やインプラントで機能回復することが一般的でした。

しかし再生治療では、歯周病によって溶かされた歯槽骨を作り直すことができるのです。
適用できる症状に制限があったり、骨の再生量には個人差がありますが、ご自身の歯を使い続けることができる画期的な治療法です。

抜歯しないといけないと諦めず、ぜひ一度ご相談ください。
再生治療にはエムドゲイン法やGTR・GBR法などがあり、症状によって治療法を使い分けます。

世田谷区の歯医者 尾山台駅前歯医者 再生療法

エムドゲイン再生療法

エムドゲインとは、豚の歯の生成に重要な働きをするタンパク質(エナメルタンパク)のことを指します。 これを歯周病によって失われた歯根部の周囲に適用することで、歯槽骨の再生を図ります。 スウェーデンのビオラ社で開発された「エムドゲインRゲル」は、2005年時点ですでに世界39ヵ国で採用されており、日本においても2002年にエムドゲインの治療効果と安全性が認められ、厚生労働省に認可されています。

どうしてエムドゲインで骨が再生するの?

エムドゲインは、歯槽骨を再生する際に重要な役割を果たす特殊なタンパク質です。 歯周病によって溶かされた骨(歯槽骨)にこのタンパク質を適用することで、体は丈夫な歯を作ろうと錯覚し、歯の周りに骨を形成し始めます。 その結果、自分の歯を保存したまま歯周病の改善を目指すことができるのです。

保険適用のエムドゲイン・リグロス

当院では、単独で使用した場合に保険が適用できる「エムドゲイン・リグロス」も扱っております。 通常、歯周組織の再生には ① 再生するための『細胞』 ② 成長を促進させるための『成長因子』 ③ 再生するための『足場』 の3つが必要となります。 リグロスには②にあたる『成長因子』が含まれているため、歯槽骨などの歯周組織に適用することで細胞の増殖を促したり、再生のための血管を新しく作り直したりする効果が期待できます。



エムドゲインのメリット

  • 入れ歯やインプラントなどに頼らず、自分自身の歯を使い続けることができる
  • 合併症を引き起こすリスクが少ない
  • 50~90%の骨を再生することができ、歯周ポケットを浅くできる


エムドゲインのデメリット

  • 適用できる症状に限界がある
  • 再生できる骨の量には個人差がある
  • 骨を再生するまでにある程度の時間がかかる


再生治療によって骨を再生できても、日々のケアが不要になるわけではありません。 そもそも、歯周組織にダメージを受ける原因は「歯周病」にあり、歯周病になる原因には普段からのケアが大きく関わっています。 再生治療によって歯周病が改善されても、お口のメインテナンスが十分でなければ歯周病は再発し、せっかく受けた再生治療も意味がなくなってしまいます。 再生治療の効果を最大限に得るためにも、ご自宅での日々の口腔ケアと歯科医院での定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

そのほかの再生療法

口臭には主に、「生理的口臭」と「病的口臭」の2つの種類があります。

GTR法(組織再生誘導)

歯周組織を再生するもう1つの治療法に「GTR法」があります。 GTR法では、「メンブレン」と呼ばれる人工膜を、歯周病などによって破壊された歯槽骨や歯根膜に適用することで組織を回復します。 通常、新しい歯槽骨と歯根膜は数ヵ月ほどで再形成されますが、歯周組織の状態によってはGTR法が適用できないケースもあります。

GBR法(骨誘導再生法)

GBR法は、歯槽骨の不足が懸念となってインプラント治療が行えないケースで活躍する再生治療です。 歯槽骨は歯を支えるための重要な骨であり、インプラント治療ではこの骨に直接インプラント体を埋め込みますが、歯槽骨が不足しているとインプラントの一部が骨の外側へ露出してしまう場合があります。 この問題の解決策として、GBR法ではインプラントの露出が予想される部分へ人工膜(メンブレン)を覆いかぶせ、骨の再生を促します。 歯槽骨が不足する主な原因には歯周病や歯の喪失、また自分に合っていない入れ歯を使用することなどがありますが、GBR法によってインプラント治療を行える状態に導けるケースがあります。 他のクリニックで「インプラントができない」と診断された方も、諦めずに当院へぜひ一度ご相談ください。